ad

BiSH プロフィール

アイナ
ad
<img src="https://seisouin.work/wp-content/uploads/2019/10/official.jpg" alt="BiSHのprofile写真" /> <a href="https://www.bish.tokyo/">cBiSH</a>

出典:https://www.bish.tokyo/profile/

 

BiSHはWACK社長の渡辺淳之介が「BiS(解散し今は第3期のメンバーが活動しているアイドル)をもう一度始めます」として2015年に結成された6人組アイドルグループ

Brand-new idol SHiT(新生クソアイドル)を略してBiSHです
現在では「楽器を持たないパンクバンド」ととしてアイドルらしからぬ激しいパフォーマンスや、その歌唱力でグングン知名度を上げています

デビューアルバム「Brand-new idol SHiT」でオリコンウィークリーチャート20位
インディーズ時代に行われた全国10都市での2度のワンマンツアーは全公演即日完売
2016年にavexからメジャーデビュー その頃から楽器を持たないパンクバンドのキャッチコピー

BiSH オフィシャルサイト
"楽器を持たないパンクバンド"BiSHのオフィシャルサイトです。

公式Twitter:https://twitter.com/BiSHidol

BiSH/SMELLS LiKE TEEN SPiRiTS
BiSHオフィシャルファンクラブSMELLS LiKE TEEN SPiRiTSの入会案内、入会登録、会員情報変更、会員限定コンテンツのサイト。

BiSH official FC:https://twitter.com/BiSH_SLTS

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる楽器を持たないパンクバンド。
2015年3月に結成。5 月にインディーズデビュー。
デビューアルバム「Brand-new idol SHiT」は、オリコンウィークリーチャート20位という驚異的な数字を残す。その後発売されたファーストシングル「OTNK」はオリコンウィークリーチャート10位を記録。
インディーズ時代に行われた全国10都市での2度のワンマンツアーは全公演即日完売。
2016年1月に行われ、即日完売した恵比寿リキッドルームでのワンマン公演でavex trax よりメジャーデビューを発表。3月にはメジャーデビュー前にして品川ステラボールを異例のSOLD OUT。2016年5月4日に発売したメジャーデビューシングル「DEADMAN」はオリコンデイリーチャート3位・ウィークリーチャート5位を獲得。その後6月4日より全国24公演を行う自身3度目となるワンマンツアーを開催、ツアーファイナルは、10月8日に日比谷野外大音楽堂にて開催され、エモーショナルなパフォーマンスに約3,000人が熱狂し大成功を収めた。10月5日に発売されたメジャーファーストアルバム「KiLLER BiSH」はiTunes総合アルバムチャート1位、オリコンウィークリーチャート7位を獲得。
2017年1月8日のZEPP NAGOYA 公演からスタートした自身最大キャパを回るツアー「BiSH NEVERMiND TOUR」は各地満員御礼。
3月22日にはメジャーセカンドシングル「プロミスザスター」をリリースし、オリコンデイリーチャート3位・ウィークリーチャート4位を獲得。
4月より全国20箇所を回るツアー「BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED」を開催し各地で満員御礼。6月28日には初となるミニアルバム「GiANT KiLLERS」を発売し、前作「KiLLER BiSH」に続き2作連続となるiTunes総合アルバムチャート1位を獲得。
7月22日には「BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“」を自身最大キャパシティとなる幕張メッセ イベントホールにて開催、チケットを公演1週間前にはSOLD OUTさせた。
11月29日にはメジャーセカンドアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」を発売。
オリコンデイリーチャート1位、iTunes総合アルバムチャートも3作連続となる1位を獲得。
2018年1月30日から行われる全国12箇所を回る全国ツアー「BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR」は開催前に全公演SOLD OUT。3月28日にリリースしたメジャーサードシングル「PAiNT it BLACK」は自身初となるオリコン週間シングルチャート1位を獲得。
5月22日には、平日開催にも関わらず即日完売した自身最大規模となる横浜アリーナでワンマン公演「BiSH “TO THE END”」を開催した。
6月27日には、初の両A面シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」を発売、
オリコンデイリー、ウィークリー共に3位を獲得、同時に「NON TiE-UP」をゲリラリリース。
9月19日には、セントチヒロ・チッチ、アイナ・ジ・エンドがソロとしてシングル「夜王子と月の姫 / きえないで」 をリリースし、店着日当日、アユニ・Dのソロプロジェクトバンド形態のミニアルバム PEDRO「zoozoosea」をリリース。
今夏、全国大型フェスへの多数出演を経て、2018年10月から開催された初の全国ホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」を中野サンプラザ公演からスタートさせ、更に、12月5日にはメジャー5thシングル「stereo future」の発売、12月22日には幕張メッセ9・10・11ホールにて史上最大2万人規模の単独ワンマン公演「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL “THE NUDE”」 を開催。
2019年4月から14箇所21公演のライブハウスツアー「LiFE is COMEDY TOUR」を開催することが決定。
そして、2017年11月に発売したメジャー2ndアルバム「THE GUERRiLLA BiSH」より1年半、
待望のメジャー3rdアルバム「CARROTS and STiCKS」を2019年7月3日に発売することが決定!
発売と併せて2019年4月よりアルバム発売まで3ヶ月間に及ぶ「#BiSHアメトムチ」プロジェクトが開始している。

引用:ototoy

BiSH on OTOTOY Music Store
BiSH の試聴・ダウンロード:ハイレゾ音楽配信と音楽記事はOTOTOYで! アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる楽器を持たないパンクバンド。^ 2015年3月に結成。5 月にインディーズデビュー。^ デビューアルバム「Brand-new...

 

2015年1月、かつてBiSを手がけた渡辺淳之介が「BiSをもう一度始める」とBiSHの始動を宣言。
サウンドプロデュースに松隈ケンタ(SCRAMBLES)、衣装の外林健太、アートディレクションの真田礼の初期のBiSを手掛けてきたスタッフを迎え、5人体制で活動をスタート。
2016年1月、avexからのメジャーデビューに伴い、「新生クソアイドル」の肩書きを外し、同年2月頃より新たに「楽器を持たないパンクバンド」の肩書きで活動している。
メンバーは2度の脱退と2度の加入を経て2016年8月より現在の6人体制となる。
モモコグミカンパニーを中心にメンバー全員が楽曲の作詞を行い、ほぼ全ての楽曲の振り付けはアイナ・ジ・エンドが担当している。

BiSHは、「Brand-new idol SHiT」(新生クソアイドル)の略。
ファンのことを「清掃員」(クソを掃除する者)と呼ぶ。
これは前身のBiSが、ファンのことを「研究員」と呼んでいたことにならい、2015年4月に行われた初ライブの「BiSHの三箇条」で発表された。

初期の活動では、TOKYO IDOL FESTIVAL 2015の2日目出演キャンセルや、2015年6月に行われたPOPとの200km駅伝など、プロモーション手法にもBiSとの共通点(ロマン優光曰く、「昭和の新日本プロレス的なトラブルをトラブルで解決するような現実とシナリオが交錯する炎上商法」)が見られた。
しかし、渡辺は「ホントに(BiSを)始めたときのクソインディーズの素人のときは、嫌われないと客が増えなかったんですけど、いまは嫌われると逆に客が減る状況になっちゃった」と語るように、BiS時代のような過激なプロモーション方法はあまり使わなくなってきているが、現在でもゲリラリリースやゲリラライブなどファンを驚かせるユニークなプロモーションが行われている。

ライブに重きを置いており、ワンマンライブの他に数多くの音楽フェスやイベント、学園祭などにも精力的に参加している。
またBiSHのライブでは一部のイベントを除きライブ中の写真撮影が許可されており、ライブ後にはファン各々が撮影した写真がネット上を賑わしている。

代表曲「オーケストラ」「プロミスザスター」などのメロディアスなロックバラード楽曲から、「My Landscape」「stereo future」などストリングスを導入した壮大な楽曲、「NON TiE-UP」「遂に死」などの過激な楽曲まで幅広い音楽性が特徴。

引用:(「BiSH」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2019/11/15)

 

タイトルとURLをコピーしました